好きなブログが架空だったときの残念感




皆さんおはようございます(^^)/
応援してたのに嘘!?

yocco(よっこ)です。

今日は架空ブログについて考えます。

ブログ

私はつい先日まで架空ブログの存在を知りませんでした。
バカリズムさんの「架空OL日記」という作品があることは知っていました。
でもそれは「架空」と書いてくれてるので、嘘を楽しむ前提。

厄介なのは、応援したくなるような嘘をたくさん書いて、なりすまている人!
私の応援していた主婦の方のブログがなりすましでした。

おかしいな?と思った点
・自分を「バカだから…」と卑下するわりにはしっかりとしたブログ構成
(広告の配置がばっちり、コメント欄は閉じてある、タイトルに綺麗な統一感がある)
・主婦で日常のことを記事にしているわりに写真が一切ない
・更新頻度が高く毎回ひきこまれる内容

などなど。
決定打はネットで嘘が晒されていたことです。
「あっ、そういうことだったのかぁ」とガッカリ。
ブログの名前で検索したら「架空」とワードが出てて。

私は30すぎて嘘ブログがあることを知りましたが、子供たちには小学校で教えようと思います。
早めにそういうことがあると知らないと騙されてしまいます。

嘘ブログがあるのは仕方のない現実。
読み手が見抜かなければならない。

平気で嘘をつく人間がいるということ。

やっぱりちょっとネットが怖いと思う瞬間でした。

純粋な人ほど騙され続けたり。
嘘を信じちゃうんですよね。

でも嘘をついている人は罪悪感がありません。
一部は本当の気持ちが入っているからかもしれない。

前から不思議だなぁと思っていることの一つに、
「普段は品行方正な方が、ネットや恋愛になると嘘をいとわない」ということがあること。

なんでいちいち嘘つくの?

堂々と言えばいいのに。
「読み手は楽しんだからいいでしょ」
「広告収入で儲けるためには嘘も仕方ないでしょ」
「嘘だけどブログを楽しんで☆」って。

家族やその方の病気のこと、心配してたのに。
嘘の病気で同情をひいて、利益を得ようとしている魂胆が何だかなぁ。
栄養が足りてないなら、その家族にお米を送りたいと思った私はお人よし。

その嘘ブログはまだ更新が続いています。
こ、こわ・・・。

私は危険を感じると逃げたほうがいいと思ってます。
なのでもう関わらないよう、そのブログに遊びに行くのはやめました。

残念。
それだけ。

ではでは読んでくれてありがとう。
このブログは架空じゃないですよ(笑)
yocco(よっこ)という人間が書いてます(^^)/

また明日!




最近の記事

・好きなブログが架空だったときの残念感
・絵の基礎練習13
・【亭主関白】夫がいるときはパソコンできない問題
・茂木健一郎さんの本を教育に活用!その6【親は子供の安全基地】
・茂木健一郎さんの本を教育に活用!その5【読書はすべての基本】
・茂木健一郎さんの本を教育に活用!その4【朝は脳のゴールデンタイム】
・茂木健一郎さんの本を教育に活用!その3【細切れ時間活用法】
・茂木健一郎さんの本を教育に活用!その2【集中力】
・茂木健一郎さんの本を教育に活用!その1【強化学習】
・風が涼しくなりました(^^♪今月も頑張ろー!!

4 thoughts on “好きなブログが架空だったときの残念感

  1. おはようございます!
    私も読んでいて「あれ?」と思うブログさんがいくつかあって、違和感を持っていたのですが……。
    「架空ブログ」!
    そんなものがあったとは!
    私は、ネットの世界に疎く情弱なので、気を付けなきゃなぁ。と思いました。
    ありがとうございました!

    • 雨降りさん、こんにちは!
      私もつい先日まで知りませんでした。
      たまたまブログ名で検索したら嘘がアップされていて。
      ブログ村からブログを見にいくことが多いのですが、たまには「ブログ名」で検索してみるといいかも。
      本当、気を付けましょうね。
      騙されていたと思うと怖いなぁと思います。

  2. こんにちは。はじめまして、夢子と申します。いつも楽しみに読まさせて貰ってます。主さんの、毎回冒頭にある(ここではコーヒー飲んでゆっくりしてね)にいつも癒やされてます。
    架空ブログの件、私は嘘でも楽しめたら良いかな〜と、思います。読む読まない、信じる信じない、選択の自由かなと。
    そもそも、ネット上で本名晒したり我が子を晒すことの方が怖いというか。架空であろうがなかろうが、匿名でその手のブログを叩いたり炎上させる人々も怖いです。その人がお金儲けでやってたとしても、そのブログに楽しむ要素だったり暇潰しでも感情が揺さぶられる要素があれば、それは読み物としてありなんじゃないかって。
    広告収入がその人に入るのが嫌なら、バナーを押さなければいいし。
    なので、その手のブログで憤る人達の気持ちが分からないです。架空かどうかグレーだから、引き込まれる世界ってのもありだと思いますよ〜
    いち意見です。ちなみに私は、架空と分かりつつ、面白く読んでしまう派です♪
    色々ですよね。

    • 夢子さん、はじめまして!(^^)
      架空ブログを面白く読んでしまうということ、そういう考え方があるとハッとしました。
      嘘だと分かったときは「応援してたのに騙されたー!!」と腹がたっていたので(笑)

      私もネットで本名を晒したり、我が子の写真を晒すのは怖い事だと思います。
      ブログを叩く、炎上させる人も。
      ライターの仕事で、記事のコメントが荒れたときはへこみます。
      架空ブログがある、炎上させる人がいる、選択の自由がある、そういうことを念頭においてネットと付き合っていこうと思います。

      そしてコメントありがとうございます。
      いつでも休憩に来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。