【夫の怒り爆発】お前の机が邪魔!リビングから机を撤去、私の個人スペース完全に無くなる




泣いてます。
yocco(よっこ)です。

深刻ではないですが、ちょっと悲しいことがあって。
読むとブルーになるかもしれないので、苦手な方はスルーしてくださいね。

【絵を描く場所の喪失で暫く涙が止まりません】

うちのリビング、12畳ぐらいあって広いんですが。

お前の机が目障り。
今まで我慢してた!

ということでした。
すごすごと撤去。

机にしていたテーブルを押入れに収納。
泣きながら。

だって、あなたには自分の部屋があって、一人になれる自由があって分からないだろうけど。

リビングに家事机を置いてやっと手に入れた少しの自由。
(詳しい記事こちら。・リビングにママ専用の家事机を置いたら便利!
家計簿だってそこでつけてるのに。
子供の面倒を見ながら作業できて、本当に助かっていたのに。

【パソコンをする自由、描く自由、失って】

実は、パソコンも自由にさわれません。
夫が自室で寝ている時にそっとしている作業。
なのでWEBライターも、ブログも「限界ギリギリ」と思いながら、薄氷を踏む思いでしています。

楽しい雰囲気の記事を、夫にビクビクしながら書いてて。

今回、さらに机を撤去することになって、描く自由も失って。
鉛筆たて、デッサン人形など、行き場を失って袋の中。

「絵は上達させようと努力するのに、料理のレパートリー増やそうとしねぇんだな!
優先順位考えろ!!!」

と、怒られました。

毎日料理しているのに、本当に辛いです。
今日は皿うどんでした。

豚こま肉をキッチンバサミで2cmくらいにカットしていると、怒鳴り声が。

「何でそんなに小さくするんだ?!
大きい肉を食べさせないから、子供が大きいのを食べつけないんだ!
右が食べるの遅いのは、お前のやり方が間違ってるからなんだよ!
学べよ!」

右ちゃん食べるのが遅いので、そのことも責められて辛かったです。
同じように育てているつもりでも、ほかの兄弟たちと同じ結果が出なくて。

唐揚げは大人と同じ大きさを食べてくれますから、油断していました。
皿うどんの肉が小さいなんて気にもとめてませんでした。
何cmくらいにするのが普通なのでしょうか。
無意識に子供のスプーンにのるぐらいで切っちゃってる・・・。

【教訓 食材のカットの仕方は注意しよう】

料理については、つい先日も怒られました。
シチューのたまねぎを1cmくらいの角切りにしてたんです。

「違うだろ。シチューの玉ねぎは薄切りだろ。本当に家事もろくにできないな。」

と子供の前でひたすら罵られていました。

辛くて泣きたかったけど、子供が心配するといけないし、普通を装って晩御飯を食べました。
全然味がしませんでした(笑)
実家のシチューの玉ねぎは角切りだったので、実家のことも否定された気持ちです。

だから、毎日のように「バカ」「ブス」「〇ね」と言われて仕方ないと思います。
私には人並みに稼ぐなんてことも、子育てを満足にすることも出来ないんですから。

私が今ほしい本は、365日の朝ごはんと昼ご飯と夕ご飯、絶対に怒られないレシピの本です。
スタンダードから外れておらず、味噌汁にコーンを入れるという変わり種は載っていない本。
(コーン好きな人不快に思ったらごめんなさい💦私はコーンスープとか大好きです。)

野菜の切り方も「普通」から外れておらず、味付けは西日本の甘い醤油ベースが前提。
そんな絶対に怒られない料理の本が・・・欲しいです(>_<)

私は料理が苦手なので、自炊するので精一杯。
苦手意識が強いので、新しいレパートリーを増やそうとレシピを見ると頭痛がするというか。
苦しい、というのが本音。私にとって料理は苦行です。
子供が「んまい」「おいしい」と言ってくれるのが救いです。

こんな私なので夫の合格点に達する日は永遠にこない気がします。

【これからどうしようかな】

夕食後。
家族がくつろいでいる間、私は大量のお皿洗いを済ませます。
私的には、お皿洗いを済ませれば、絵を描いてもいい、家族のくつろぐ時間に参加しているような気持ちでした。
絵を描く時間は、手だけでも自由でホッとできる時間だったのになぁ。

これからどうしようかな・・・。

絵の基礎練習している最中だって、子供と夫のことは見ています。
「トイレ」と言われればトイレに付き合って、子供の遊びに留意して。
夫が「コーラ」「コーヒー」と言えば立ち上がって用意するし。
でも夫的には、常に「あの机、目障りだなぁ。部屋がすっきりしない。物を置くなよ」という気持ちで。

これからは、夫のいる前で絵を描くのやめようと思います。
夫から見たら、私の家事は限りなく0点に近いのでしょう。
ですから、家事育児を満足にできない私が趣味を楽しむのは気に障ることなのです。

家事は永遠になくなりませんから、夫といる間はできる家事をひたすらする。
そうやって過ごそうと思います。

夫の理解がないので、webライターも絵の道も前途多難です。
考えがまとまりませんが、とにかく、1円でも稼がなきゃいけない。
とにかく、この状況で出来ることを頑張りたいと思います。

ではでは、読んでくれてありがとう(^^)
また明日!




最近の記事

・【夫の怒り爆発】お前の机が邪魔!リビングから机を撤去、私の個人スペース完全に無くなる
・【捨てる意味をもう一度】片付かないからの脱却
・【ざんばい】なんのこと?子供のいい間違えや面白発言10
・【ニュース】「harenohi(はれのひ)」の成人式での着付け詐欺と現状について
・【手帳】毎日のタスク100、2018年は平均50点以上をキープ中
・【3度目の挑戦】保育園落ちたらどうしよう
・絵の基礎練習35
・絵の基礎練習34
・絵の基礎練習33
・絵の基礎練習32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。