【自然と心が整う法則 小池龍之介】本の感想




皆さん、おはようございます。(^^)
新年度のはじまり。焦らず、用事はひとつひとつ終わらせよう。
yocco(よっこ)です。
ここではコーヒーでも飲んでゆっくりしてね。

コーヒー休憩

今日は本の感想です。

小池龍之介さんの本です。
仏教をベースに分かりやすく日常の心の在り方を教えてくれます。

3ヶ月ぐらい前に読もうとしたときは挫折したました。(^^;)

「ここに書いてあるのはきれいごと」
「簡単にはいかない」

そんな風に思えて途中までしか読めなかったのです。
それから3ヶ月で私の心に変化がおきたのか、今度はスイスイ読めました。

「あっそうか」
「えっこれで心が救われるわ~これでいこう!」
みたいな感じで(笑)

本より引用。私が心に響いた部分です。

・どんなに満たされているように見えても「足りない-欲しい-足りない-欲しい」の連鎖からのがれることはできません。
・しかしながら、一度仕事を始めたら一瞬間一瞬間において、目の前のことをひとつひとつ確実にやってまいりましょう。

ひとつひとつに打ち込むことにより、欲望や不安に心を乱されないで暮らせることを教えていただきました。
そしてそれがやりたいこと・やりたくないことに関わらず仕事の土台になるそうです。

本当にいま、心のなかで「ひとつひとつ」と唱えてざわつく心を落ち着かせています。
4月は新しい環境に慣れないといけないので、この心構えで乗り切りたいと思います。

ありがとうございます小池さん!
バタバタが終わったら別の著書も読みたいです。

ではでは、読んでくれてありがとう(^^)
また明日!




最近の記事

・【自然と心が整う法則 小池龍之介】本の感想
・不安なときこそ欲張らずひとつひとつを終わらせる
・夫が夫が「「たいしたメシも作らねぇくせに」って言ってくるのが辛い
・どういう働き方をしたいか自分の心に問い続けています
・朝焼けに心が癒される
・【イタズラに大笑い】久しぶりにティッシュを全部だされました
・深夜2時の休憩中
・絵の基礎練習55
・絵の基礎練習54
・絵の基礎練習53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。