デッサンの教え方-6 子供のデッサンスタートに!道具紹介

おはようございます!

お兄ちゃんたち学校へ。
妹ちゃんが起きるまで
休憩しますね(^^♪

皆さまも
コーヒーでも飲んで
ゆっくりしていってくださいね(^^♪

コーヒー



さあ!デッサンの教え方6回目。

今日のお題 道具をそろえる

デッサン

上の写真で見えてるものから解説しますね。

まずはイーゼルと椅子。
椅子は100均で買いました(^^;)

イーゼルはamazonさんで買いました。
失敗したのはうちは人数分買ってしまったこと(^^;)

子供3人と私の分で4台・・・。
デッサン教室のようにモチーフを囲んで
やろうとしていたのですが。

すごく場所をとるし、数人が描くとしても
一台を交代で使ったほうがいいですね。(^^;)

それに子供を教えるときは

マンツーマン指導です。

中高生の美術部員さんのように
3人同時に
大人しく描くことはありません。(うちは)

集中力は長くて20分、
その間に課題に取り組むので
ママは説明に膝をついて
説明に徹します。

時に描く見本をみせながら、
それから描くという形で進めています。

デッサンは学問だと思っているので
知識があればだれでも上手に描けると思います。
(私もまだまだ本当に下手ですが・・・)

次にクロッキー帳。
これは枚数をこなすのに便利です。
写真のクロッキー帳は
マルマン スケッチブック クロッキーダイアリー
(SM-02 Mサイズ(302×242mm)) です。

100シートあるので
沢山経験をつむことができます。
子供に一人一冊ずつ、名前を書いてもらってます。

力をいれるデッサンは画用紙、
野球の素振りのようなデッサンはクロッキー帳と
使い分けています。

そして意外にクリップも必要です。
ペラペラとクロッキー帳がゆれるので
とじるために必要です。

使っているのは
日本クリノス 目玉クリップ 大 挟み口65mmです。
私の通っていたアニメータースクールの
デッサンの授業で使っていたので
同じものを購入しました。
クリップなら何でもいいと思います。

イーゼルにかかっているのがカルトンです。
画版ですね(^^♪
これに画用紙をクリップでとめてデッサンしたり、
クロッキー帳がイーゼルから落ちないように
使っています。

つぎにモチーフ。
うちでは立方体と球を使っています。

ほかに家にあるオモチャやスプーンなどを
モチーフにしています。

立方体は石膏で出来ているのですが
子供のいる家は危ないです。
本当に・・・。

子供が暴れた拍子にイーゼルが倒れ、
石膏に直撃して割れました(´;ω;`)ウゥゥ
怪我はなかったです。

が、その一件以来、
石膏のモチーフは子供が大きくなるまで
諦めようと思いました。
(実は筋肉の全身像ほしかった・・・)

地震も心配ですしね。
安全第一です。

たまたま百円ショップで
発泡スチロールの球を見つけたので
ラッキーでした。
これなら落としても割れません。

基本形は4つ。
立方体、球、円柱、円すい。
あと円柱と円すいを揃えたいです。

あとミニテーブルと
白い敷物も必要です。
ここにモチーフを置きます。

あとはデッサンの鉛筆セット。
トーンの濃さで鉛筆を使いわけるので
うすいものから濃ゆい鉛筆まで
揃えると便利です。

デッサンの鉛筆セットは
お兄ちゃんたちが7歳のとき、
妹ちゃんが5歳のときに
それぞれ誕生日プレゼントで
購入しました(^^♪

とても喜んでくれて
後日キーホルダーを買いにいって
それぞれのセットの見分けが
つきやすいように工夫しました。

それを含めて思い出です。
私のは5H~8Bまでの濃さがあるセットで
木炭や鉛筆削りもついていて
折りたたみのミニバッグになっているもの。

今のところ3Bの鉛筆1本で
指導しているので
他の鉛筆が減ることはないのですが(^^;)

気分があがるので
デッサンの鉛筆セット
ぜひ購入してみてください。

ただ、セットにはカッターが
入っていることが多いので
子供が小さいうちは
抜いておいたほうがいいかもしれません。

子供は好奇心が旺盛なので
親の見てないところで
さわってしまうかもしれません。

鉛筆のデッサンセットは沢山種類があるので
amazonさんで検討してみてください。
(リンクなくてスミマセン・・・)

また、うちは子供が多いので
鉛筆が混ざらないよう
鉛筆に色シールをつけています。
落としてもすぐ誰のか分かります。

写真では右利きの人のイーゼルの置き方です。
左利きの方はイーゼルを左側にします。

これだけあれば
子供のデッサンスタート大丈夫だと
思います!

ではでは皆さま
今日もよい一日を

デッサンの教え方-6 子供のデッサンスタートに!道具紹介

1.イーゼル

2.椅子

3.クロッキー帳

4.クリップ

5.カルトン

6.モチーフ(立方体、球、円柱、円すい)

7.ミニテーブル

8.白い布

9.デッサン鉛筆セット




【関連記事 デッサンの教え方】
・50 立方体(デッサンの教え方の最終回!!)熱血先生からの添削も!!
・49 影の作図
・48 初めての木炭デッサン
・47 鉛筆を削ろう!
・46 人体模型-その4
・45 子供が好きな絵のyoutubeチャンネル紹介!
・44 人体模型-その3
・43 人体模型-その2
・42 人体模型-その1
・41 鉛筆2本使い
・40 成長をほめる!たとえ夫がけなしても!
・39 電子映像の多い現代、視力を守るために少しでも。
・38 みかん
・37 りんご 2分、3分、4分、7分!
・36 デッサンの教え方-36 練り消しゴムとプラスチック消しゴム
・35 はじめての比率その2-はかり棒実践
・34 はじめての比率
・33 過去絵と比べる!成長が自信になる!
・32 ハイライト
・31 入りと抜きの線(草)
・30 はかり棒
・29 年長と小2に教えるときは挨拶から!
・28 運筆の練習 縦、横、丸。
・27 あたり、りんかく、トーン。ママの声かけ例。
・26 遠近法でまほうのじゅうたんを描こう!
・25 構図の教え方
・24 構図を意識する!(モチーフを中央に配置)
・23 ぬいぐるみを描こう!
・22 かぼちゃを描こう
・21 IF-THENプランニングでデッサン練習の継続を目指す
・20 5歳にデッサンを教える難しさ
・19 ストローク(線)で立体感をだそう!
・18 字消し板でいらない線を消そう!
・17 モチーフを画面にバランスよくおさめる
・16 木のカゲを濃ゆく塗ろう!綿棒筆の作り方)
・15 デッサンスケールに慣れよう!その3(目の話)
・14 デッサンスケールに慣れよう!その2
・13 デッサンスケールに慣れよう!その1
・12 剣(対称の軸の復習)
・11 おもちゃの「陰」を濃ゆく塗ろう!
・10 好きに絵を描く(モチベ維持!)
・9 3レベルトーン
・8 立方体に慣れる「Y」画法!!!
・7 おもちゃを観察してから描いてみよう!
・6 子供のデッサンスタートに!道具紹介
・5 折り紙で分かる!対称の軸を意識してスプーンを描こう
・4 はじめての遠近法-横断歩道
・3 はじめての遠近法
・2 鉛筆を寝かせて塗る
・1 球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。