デッサンの教え方-9 3レベルトーン

皆さまおはようございます。
松本です。

右くんが
まねっこで描いた
漫画をみせてくれました。

右くん「ママ―!デッサンしたよ!」
ママ「うん、そ、それは模写だね(^^;)」

・3次元 → 2次元 デッサン、スケッチ
・2次元 → 2次元 模写

子供に
区別は難しくても
漫画がとても上手で!
(親ばか発動)
将来は売れっ子漫画家・・・!
なんて想像して
嬉しくなった母ちゃんでした。

それでは
コーヒーでも飲んで
ゆっくりしていってくださいね(^^♪

コーヒー



さあ!デッサンの教え方9回目。

今日のお題 3レベルトーン

でございます。(^^♪
ただ、これには前段階がありまして
「鉛筆を寝かせて塗る」が
出来ていることが望ましいです。

以前の記事こちら。
・デッサンの教え方-2 鉛筆を寝かせて塗る

モチーフはこちら。
おもちゃの車です。

デッサン

まずは全体を薄く
横方向に鉛筆を動かして
塗ります。

次に
ライト部分と、窓などを
今度は縦方向に鉛筆を動かして
塗ります。

最後に
ナナメに塗ります。

画像で解説。

デッサン

出来上がりはこちら。

デッサン

車の下部分の影を横方向で
足してもらって終了。

ポイントは
子供の塗り絵のように
区切られた部分だけ
塗らず、
最初に全体を薄くぬることです。

物体としての統一感がでます!

ライトはライト、
窓は窓、
タイヤはタイヤ・・・
と区切って塗っていくと
何だか浮いてしまうんですね(^^;)

物体のシルエットになる部分を
全部塗るのはおススメの
方法です。(^^♪

この記事を書いてるときに
右くんがスプラトゥーンのシールをくれました。

右くん

「ママには特別にシールをあげるよ」

ですって。(涙)

ではでは皆さん、
よい一日を(^^♪

※注意
こちらは超初心者のトーンの
塗り方になります。

デッサンの教え方-9 3レベルトーン

1.全体を1レベルで塗る

2.2レベルを塗る

3.3レベルを塗る




【関連記事 デッサンの教え方】
・50 立方体(デッサンの教え方の最終回!!)熱血先生からの添削も!!
・49 影の作図
・48 初めての木炭デッサン
・47 鉛筆を削ろう!
・46 人体模型-その4
・45 子供が好きな絵のyoutubeチャンネル紹介!
・44 人体模型-その3
・43 人体模型-その2
・42 人体模型-その1
・41 鉛筆2本使い
・40 成長をほめる!たとえ夫がけなしても!
・39 電子映像の多い現代、視力を守るために少しでも。
・38 みかん
・37 りんご 2分、3分、4分、7分!
・36 デッサンの教え方-36 練り消しゴムとプラスチック消しゴム
・35 はじめての比率その2-はかり棒実践
・34 はじめての比率
・33 過去絵と比べる!成長が自信になる!
・32 ハイライト
・31 入りと抜きの線(草)
・30 はかり棒
・29 年長と小2に教えるときは挨拶から!
・28 運筆の練習 縦、横、丸。
・27 あたり、りんかく、トーン。ママの声かけ例。
・26 遠近法でまほうのじゅうたんを描こう!
・25 構図の教え方
・24 構図を意識する!(モチーフを中央に配置)
・23 ぬいぐるみを描こう!
・22 かぼちゃを描こう
・21 IF-THENプランニングでデッサン練習の継続を目指す
・20 5歳にデッサンを教える難しさ
・19 ストローク(線)で立体感をだそう!
・18 字消し板でいらない線を消そう!
・17 モチーフを画面にバランスよくおさめる
・16 木のカゲを濃ゆく塗ろう!綿棒筆の作り方)
・15 デッサンスケールに慣れよう!その3(目の話)
・14 デッサンスケールに慣れよう!その2
・13 デッサンスケールに慣れよう!その1
・12 剣(対称の軸の復習)
・11 おもちゃの「陰」を濃ゆく塗ろう!
・10 好きに絵を描く(モチベ維持!)
・9 3レベルトーン
・8 立方体に慣れる「Y」画法!!!
・7 おもちゃを観察してから描いてみよう!
・6 子供のデッサンスタートに!道具紹介
・5 折り紙で分かる!対称の軸を意識してスプーンを描こう
・4 はじめての遠近法-横断歩道
・3 はじめての遠近法
・2 鉛筆を寝かせて塗る
・1 球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。