デッサンの教え方-14 デッサンスケールに慣れよう!その2

皆さまこんばんは。
松本です。

夜10時半。
家事が終わりホッと一息。

保育園のお盆休みが終わり
久々に園まで往復したら
むっちゃ暑くて・・・
日傘必須です。

皆さまも熱中症には
気を付けてくださいね(^^♪

ではでは
コーヒーでも飲んで
ゆっくりしていってください(^^♪

コーヒー



デッサンの教え方-14回目

デッサンスケールに慣れよう!その2

でございます。(^^♪

前回の記事で
デッサンスケールの説明をしています。
参考記事
・デッサンの教え方-13 デッサンスケールに慣れよう!その1

デッサンスケールは略して
「デスケル」と言いますね(^^♪

今回は
市販されているデスケルは使いません。

どどん!
デッサンスケール
今日はこの手作りデスケルで
デッサンしていきますよ!(*^。^*)

特徴は
市販のデスケルはマスが16マスあるのに対し、
手作りのデスケルは4マスで正方形です。
1マス3cmです。

子供がシンプルに分かりやすく!
を心がけています。

ママ
「ではでは右くん!
用意はいいですか!?」

右くん
「・・・」(やる気ない)

ママ
「デッサンしたら10円やるから。
20分ぐらいで終わるから。」

右くん
「いいよ」

母子の温度差。
むっちゃあります。
それではいってみましょう。

モチーフ 折り紙のキツネ

まずは自力で描いてもらいました。
所要時間5分ほどです。
デッサン
あれ・・・
普通に描けてるwww
デッサン
これはこれですごくいいです。
何か似てるし。
(これからの話きいてくれるかな(^^;))

気を取り直して。

まずは新しいページに
4マス描きます。
描き上げたい大きさにします。

写真は10cmのマスが4個です。
デッサンでは定規は使わないのですが
今回は使いました(^^;)

デッサン

デッサンが上手な方は
こういう枠もフリーハンドで
定規のような線を引けます。

定規でいいっしょという線を
デッサンする人々は
手描きで頑張るんです!

鍛錬なんです!
今回は教えるのが目的なので!
許してください!
(誰に対してのいい訳か(^^;))

次に目印を2つ決めます。
デッサン
キツネの耳と足先です。
小さいシール貼ってます。

デスケルのほうにも
シールを貼ります。
あらかじめ私が
デスケルごしにモチーフを確認し、
耳と足先がみえる部分を
シールしました。

この2つの
キツネの目印と
デスケルの目印を
常に合わせながら
ポイントとなる形の点をとりだしていきます。

右くん
「あわないなぁ・・・」
デッサン

「あ、あった!」
デッサン

マンツーマン指導で
ポイントとなる点を言いながら
クロッキー帳に描いてもらいます。

・キツネの耳(シールのところ)
・キツネの足先(シールのところ)
・もう片方の耳先
・もう片方の足先
・キツネの鼻
・キツネのおでこ
・右頬のおわりの角
・左頬のおわりの角

これらのポイントをクロッキー帳に
記したら、
デスケルはいったん置いてもらって
モチーフをみながら
線を結んでもらいました。

どどん!
デッサン

よくできました!!!(^^♪

市販のデスケルも要領は同じです。
枠のどこにモチーフが
引っかかってるかよ~~~く見ます。

描きたい画用紙に枠を描くことで
モチーフの納めたい場所を
検討することができるんです。(^^♪

右くんの
1枚目はよく描けていましたが、
画面のおさまりを考えてない描き方です。

デスケルに慣れると
自分でモチーフの画面構成や
モチーフをどれぐらいの大きさで
描くか決めれるので
より自分のイメージを表現することができます。

デスケルって本当ブレるんですよ(^^;)
目印ないとすぐブレて大変です。
私は枠に引っかかるように目印をつけましたが、
中央の十字のとろこに目印をする人もいます。

デッサン教室では
シールを貼ることは
難しいので
「ここが目印!」と覚えてから
描くとスムーズです。

形をとる線を一本でも描くときは
常に、何回も、目印を合わせてます。(^^;)
地味な作業です。

でも終わりには
右くん「できた!」と
笑顔になってくれました。

そのあと自由なお絵かきタイムになって
マリオやルイージを描いて
「見て見て!」と見せてくれました。

描くのが楽しそうで
母ちゃん嬉しいよ!!

兄妹平等に教えたいので
明日以降
左ちゃんと妹ちゃんにも
デスケルの使い方を教えたいと思います。

デッサンの教え方-14 デッサンスケールに慣れよう!その2

デスケルとモチーフの

目印を合わせながら

正確な形をとろう!

ではでは皆さま
おやすみなさいませ。☆☆☆




【関連記事 デッサンの教え方】
・50 立方体(デッサンの教え方の最終回!!)熱血先生からの添削も!!
・49 影の作図
・48 初めての木炭デッサン
・47 鉛筆を削ろう!
・46 人体模型-その4
・45 子供が好きな絵のyoutubeチャンネル紹介!
・44 人体模型-その3
・43 人体模型-その2
・42 人体模型-その1
・41 鉛筆2本使い
・40 成長をほめる!たとえ夫がけなしても!
・39 電子映像の多い現代、視力を守るために少しでも。
・38 みかん
・37 りんご 2分、3分、4分、7分!
・36 デッサンの教え方-36 練り消しゴムとプラスチック消しゴム
・35 はじめての比率その2-はかり棒実践
・34 はじめての比率
・33 過去絵と比べる!成長が自信になる!
・32 ハイライト
・31 入りと抜きの線(草)
・30 はかり棒
・29 年長と小2に教えるときは挨拶から!
・28 運筆の練習 縦、横、丸。
・27 あたり、りんかく、トーン。ママの声かけ例。
・26 遠近法でまほうのじゅうたんを描こう!
・25 構図の教え方
・24 構図を意識する!(モチーフを中央に配置)
・23 ぬいぐるみを描こう!
・22 かぼちゃを描こう
・21 IF-THENプランニングでデッサン練習の継続を目指す
・20 5歳にデッサンを教える難しさ
・19 ストローク(線)で立体感をだそう!
・18 字消し板でいらない線を消そう!
・17 モチーフを画面にバランスよくおさめる
・16 木のカゲを濃ゆく塗ろう!綿棒筆の作り方)
・15 デッサンスケールに慣れよう!その3(目の話)
・14 デッサンスケールに慣れよう!その2
・13 デッサンスケールに慣れよう!その1
・12 剣(対称の軸の復習)
・11 おもちゃの「陰」を濃ゆく塗ろう!
・10 好きに絵を描く(モチベ維持!)
・9 3レベルトーン
・8 立方体に慣れる「Y」画法!!!
・7 おもちゃを観察してから描いてみよう!
・6 子供のデッサンスタートに!道具紹介
・5 折り紙で分かる!対称の軸を意識してスプーンを描こう
・4 はじめての遠近法-横断歩道
・3 はじめての遠近法
・2 鉛筆を寝かせて塗る
・1 球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。