デッサンの教え方-15 デッサンスケールに慣れよう!その3(目の話)

皆さまこんばんは。
松本です。
右くん(小2)左くん(小2)妹ちゃん(年長)
にデッサンを教えています。

子供達がママのシャーペンを
使いたがるので
百均で3本買ってきました。

細い線で写し絵をするのが
ただ今の我が家の流行りです(^^♪

ではでは
コーヒーでも飲んで
ゆっくりしていってくださいねー(^^♪

コーヒー



デッサンの教え方-15回目

デッサンスケールに慣れよう!その3

でございます。(^^♪

今日はデスケルの3回目。
このクロッキー帳横の
黒いプラスチックがデスケルです。
デッサンスケール
しかし!
使うのは
「手作りの子供用デスケル」です。

正方形の4マスでわかりやすい!
デッサンスケール

手作りのデスケルの作り方など
以前の記事はコチラ。
・デッサンの教え方-14 デッサンスケールに慣れよう!その2
・デッサンの教え方-13 デッサンスケールに慣れよう!その1

今日はデスケルを使う上での
「目」の話をします。
解説していきますね!

前回の記事で
デスケルで描いてもらうとき、

「片目でみて!」

という声かけをしていました。(^^♪
デッサン

何故かというと
両目でみるということは
レンズが2つあり、
2次元の紙に表現するのは
無理があるからです(^^;)

両目 → レンズふたつ(3D的な)
片目 → レンズひとつ(2D的な)
紙  → レンズひとつで見た絵(2D的な)

右目と左目は
みている画像が違います。

こちらはゾウのおもちゃをみた画像。
左目です。
デッサン

こちら右目です。
デッサン

若干ですが、オレンジの棒の位置が
違うことが確認できますでしょうか。

左目 → オレンジの棒がゾウの背中
右目 → オレンジの棒がゾウの耳

人はこの右目と左目の違う画像を
脳で処理して立体的に見ています(^^♪

私の目は4cmぐらい離れていて
たった4cmの違いで
みている世界が違うんですね~。

本当にそうか
皆さまも確認してみてください!

片目をかくして何かをみて、
次にもう片方をかくしてみます。
若干の映像の違いがありませんでしたか?
(^^♪

このように右目左目
画像が違うので
デスケルごしに
モチーフをみていると
なんか酔うんですよ(^^;)
枠もブレブレて。

レンズひとつにするために
片目で見て
画像を固定するイメージです。

ただこれ、
デッサン教室でも習わなかったし
デッサンの本にも書いてないです。

私は誰に習ったかというと
アニメーターの先輩でした。

もう夜中も1時か2時か3時か
覚えてないですけど
会社で気の合う仲間と
おしゃべりしてた時のことです。

ふいに先輩が
「デッサンの時は片目でみるといいよ~」
という話をさらっとしたんです。

「え?薄目じゃなくて片目?」
という感じで。
デッサンするときは
薄目でやろうとは聞く話。
(ぼやけて全体をみることができる)

片目なんて聞いたことない。
てか先輩、私そこで引っかかってたかも。
レンズ1つでみるイメージ!
むっちゃ目から鱗!
けど皆の反応うすいけど!

何だかさら~~とその場は流れたんですけど(^^;)
私には次に進むきっかけになった出来事でした。

推奨されている方法ではないので
声を小さくしていいますけどね(^^♪
自分はその方法でやるだけです。

ただ、ずっと片目でみるわけでなく
ある程度形がとれたら
両目でみます。

そしてモチーフと向き合って
光や質感を観察します。
立体でみる両目の雰囲気を
少しでも画面で伝えようとします。
それが迫力やリアルさに
つながっているように思うので。

デスケルが上手に使えないという方は
ぜひ片目でみるのに
チャレンジしてみてください!(*^。^*)

デッサンの教え方-15 デッサンスケールに慣れよう!その3(目の話)

デスケルは片目で見てみよう!

ではでは皆さま
今日もよい一日を。☆☆☆




【関連記事 デッサンの教え方】
・50 立方体(デッサンの教え方の最終回!!)熱血先生からの添削も!!
・49 影の作図
・48 初めての木炭デッサン
・47 鉛筆を削ろう!
・46 人体模型-その4
・45 子供が好きな絵のyoutubeチャンネル紹介!
・44 人体模型-その3
・43 人体模型-その2
・42 人体模型-その1
・41 鉛筆2本使い
・40 成長をほめる!たとえ夫がけなしても!
・39 電子映像の多い現代、視力を守るために少しでも。
・38 みかん
・37 りんご 2分、3分、4分、7分!
・36 デッサンの教え方-36 練り消しゴムとプラスチック消しゴム
・35 はじめての比率その2-はかり棒実践
・34 はじめての比率
・33 過去絵と比べる!成長が自信になる!
・32 ハイライト
・31 入りと抜きの線(草)
・30 はかり棒
・29 年長と小2に教えるときは挨拶から!
・28 運筆の練習 縦、横、丸。
・27 あたり、りんかく、トーン。ママの声かけ例。
・26 遠近法でまほうのじゅうたんを描こう!
・25 構図の教え方
・24 構図を意識する!(モチーフを中央に配置)
・23 ぬいぐるみを描こう!
・22 かぼちゃを描こう
・21 IF-THENプランニングでデッサン練習の継続を目指す
・20 5歳にデッサンを教える難しさ
・19 ストローク(線)で立体感をだそう!
・18 字消し板でいらない線を消そう!
・17 モチーフを画面にバランスよくおさめる
・16 木のカゲを濃ゆく塗ろう!綿棒筆の作り方)
・15 デッサンスケールに慣れよう!その3(目の話)
・14 デッサンスケールに慣れよう!その2
・13 デッサンスケールに慣れよう!その1
・12 剣(対称の軸の復習)
・11 おもちゃの「陰」を濃ゆく塗ろう!
・10 好きに絵を描く(モチベ維持!)
・9 3レベルトーン
・8 立方体に慣れる「Y」画法!!!
・7 おもちゃを観察してから描いてみよう!
・6 子供のデッサンスタートに!道具紹介
・5 折り紙で分かる!対称の軸を意識してスプーンを描こう
・4 はじめての遠近法-横断歩道
・3 はじめての遠近法
・2 鉛筆を寝かせて塗る
・1 球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。