漫画準備中17

こんばんは!
スタジオルーミスですっ!


涙。「川の流れのように」を歌うひばりさんの声が素晴らしすぎて。

今日は曲の感想記事になります。💦
漫画要素がこれっぽっちもなくてすみません。(^^;)

毎日YouTubeをみているのですが
美空ひばりさんの「川の流れのように」をきいて
涙が出てきました・・・(´;ω;`)ウゥゥ

ひばりさんの低く深い声に圧倒されて
人生を感じるというか。
「でこぼこ道や~」と歌うときの
でこぼこ感。
「川の流れのように」と歌うときの
艶やかさ。

私が小1ぐらいのとき
リアルタイムだったような(うろおぼえ)記憶があり
父がファンだったので
アカペラで歌ってあげたような気がします。
意味もわからずに。

おぼろげと
「へ~、人生って川の流れみたいなんだな!」
と思った気はします。(^^;)

20代、貯金をためて
九州の田舎からアニメーターになるために上京したときは
「はるか遠く故郷がみえる」というフレーズが心に響き。

40代、家族がいるいま
母ちゃんとして妻として家族を支えようと頑張っているからか
「空が黄昏に そまるだけ」
「愛する人 そばにつれて 夢さがしながら」
というフレーズが響いています。

人生の段階で
響くフレーズが違うのが味わい深く、
私が60代になってこの曲をきいたら
また違った見え方がするのかな・・・と思います。

歌で泣けるって本当にあるんですね。

ひばりさんはすご~~~く大人の女性で
かっこいいです。
凛として美しくて芯のある女性。

温かい海に包まれたような
歌声にくるまれたような
とにかくいいなと思いました。

私もそんなしっとりとした
落ち着きのある女性になりたいです。

家族に
「きついよう~~洗濯物ほしたくないよ~~~」💦
などと弱音を吐いている場合じゃありません。
娘に
「もう干さないで寝ればいいじゃん?一緒に寝よう?」
と慰められて。(^^;)
(結局干すんですけどね。)

そして、何歳になっても
「空は黄昏にそまるだけ」。
夕焼けの美しさは変わらずそこにある。

誰にでもいつかこの世から消える運命があり
私にも訪れるその日まで
後悔なく生きたいです。

天国に行く当日まで絵を描いて生きたいです!(^^)v

ひばりさんの「川の流れのように」は
生涯最後のシングル曲。
温かく人生を見守ってくれている曲。
これまでもこれからも。

ではでは、皆様よんでいただき
本当にありがとうございました!
寒いので温かくお過ごしくださいね。(^^♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。